スタッフブログ

新築時の家具選びで気を付けてほしい事~ダイニングテーブル編~

皆さま、はじめまして!
コーディネーターの徳永です。

ニコニコ住宅のコーディネート担当になって
2年が経ちますが、ブログ初参加です。

これから少しでも多くのお客様の
お役に立てる情報を発信していけたらと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

初回はダイニングテーブルの選び方についてです!

 

みなさんは今まで家具や家電などを購入した際、
「アレッ? 思ったより大きかった…」
「実際置いてみたらイメージと違う…」

という経験が一度はあるのではないでしょうか。

新築時は家具を新しく購入される方が多いので、
数ある家具の中から今回は最も大きさや形で失敗しやすい
ダイニングテーブルのサイズの選び方とテーブルの形について
お話したいと思います。

 

 

新築時の家具選びで気を付けてほしい事!

ダイニングテーブルの配置場所とテーブルの大きさ

 

購入する前にダイニングテーブルを
置く場所を決めると思いますが、
どのくらいの大きさを購入したら良いのか
けっこう迷っちゃいますよね。

座った時の幅や壁との距離、
座る人数や食事以外での利用頻度、
そして家族の動線だったり、、、、

考えるポイントって
実はたくさんあるんですよね。

ダイニングテーブルの配置で一番難しいのが、
実は人間の動作の距離なんです。

 

☆ダイニングテーブルと壁との距離 ⇒ 60~90cm

☆ダイニングチェアに着座時の奥行 ⇒ 30~50cm

☆ダイニングテーブル横の人の通り道 ⇒ 60~90cm

 

上記のように、
ダイニングテーブルの大きさ+動作の距離を考慮して
配置場所を決めて購入する必要があります。

せっかく購入するのだから快適に過ごしたいですよね!!

 

 

ダイニングテーブルのサイズって?

 

大人1人分の快適なスペースは
幅約60cm × 奥行約40cm といわれています。

なので、この寸法に家族の人数をかけると
使いやすいダイニングテーブルの購入サイズが分かります!!

 

例えば、4人が座ると想定して
幅60cm ×2人 =1.2m
奥行は40cm × 2 =80cm 
が、最低でも必要なサイズになります。

上記の内容を考えながら選び始めると
テーブルの大きさで間違う事はありません。

 

 

こちらはニコニコ住宅のリビングの写真です。

壁側のチェアを引くスペースも十分取れてますし、

キッチン横の通路も広々ですね。

 

 

こちらもニコニコ住宅の写真です。

壁側にベンチチェアを配置しています。

このようにチェアをベンチチェアに変える事によって、毎回チェアを引くことがないので、

チェアの後ろのスペースは最小限で済みます。

ダイニングテーブルとチェアを置いても、人が通る通路も確保できていますよね。

 

ニコニコ住宅はダイニングテーブルの設置想定をして間取りを考えています♪

 

 

 

デザインはどんなのがイイの?

 

配置場所とサイズが分かったら、次はデザインです。

 

 

丸形天板の1本脚タイプ

 

◇圧迫感が無くやわらかい印象

◇人数を限定しない

(チェアが脚に当たらないので人数に合わせてチェアを置ける)

 

    

<参照画像> 家具ののぐち

http://noguchi-kagu.xyz/info/info/2020/08/07/custom-made-red-oak-round-table-in-stock-inspected-and-photographed/

 

 

長方形の4本脚タイプ

 

◇一般的なデザインで、46人掛けに適している

◇壁付け配置がしやすい

◇短辺を利用すれば4人→6人掛け、6人→8人掛けにも出来る

◇デザインも豊富

 

 

 

長方形の2本脚タイプ

 

◇こちらは4人からテーブル幅によっては6人掛け

◇脚の部分が木材やアイアンなどデザイン性が高いものが出てきている

2本脚の為、短辺にチェアが置きにくい

(来客や家族が増えた時に対応しにくいのがデメリット)

 

 

いかがですか?

ざっくりと3パターンに分けてみましたが、
これだけでも実際に置けるテーブルと、
置けないテーブルが明確になったのではないでしょうか?

 

「うちは子供がまだ小さいから、
短辺(お誕生日席)にベビーチェアを置きたいから
4本脚のテーブルがイイかも!」とか。

 

「うちは小さい子供は居ないけど、
お友達がしょっちゅう来るからチェアを増やせるタイプがイイかも!」
という感じで選べますよね!!

 

 

伸縮タイプのダイニングテーブルなら、
急な来客の時に大活躍しますよね!

(ただし、広いスペースが必要になります)

 

番外編

 

コロナ禍でテレワークが増えてきて、
ダイニングテーブルでお仕事をされる方も
いらっしゃると思いますが、
お家の広さや間取りの関係でダイニングテーブルを
置けないお家もありますよね。

 

最近はリビングのソファに合わせて
ダイニングテーブルを購入する方が増えています。

 

 

これなら、ソファを置くスペースと
リビングテーブルを置くスペースに
ダイニングテーブルを置けるので狭小スペースでも大丈夫です。

ソファに座りながらテレワークが出来ますし、
来客時もゆったりお話が出来て人数が増えても対応できます。

 

 

 

また、あえてチェアを置かずソファと
ベンチチェアの組み合わせもゆったり座れますし、
2人掛けのベンチチェアやソファも小さなお子様なら
3人掛けが出来るのでこちらもおすすめです。

 

以上、
ダイニングテーブルの選び方について
お話しましたがいかがでしたでしょうか。

 

家具選びで気を付けてほしい事!

☆配置場所・・・人間の動作の距離も考慮してテーブルを置く場所を決める

☆テーブルの大きさ・・・座る人数とサイズを把握する

☆テーブルの形・・・テーブルを置く場所に合わせた天板の形

チェアの配置(人数)とテーブル脚の形状

 

番外編で
ソファやベンチチェアのお話をしましたが、
次回はダイニングテーブルとチェアのお話をしようと思います。

 

こんな感じでこれからも
家具やインテリアの情報発信をしていきますね♪

ニコニコ住宅コーディネーター 徳永

徳永でした。