スタッフ紹介
大澤 一樹

ニコニコ住宅エージェント 大澤

大澤 一樹(おおさわ かずき)

勤務地:長岡店
担当:ハウジングエージェント

おいたち

千葉県に生まれる。5歳の時、父の出身地である長岡市に引っ越す。
幼い頃から、プラモデルづくりなど工作が好き。小学校3年生のときに父の指導のもと、パソコンを組み立てたことをきっかけに、携帯電話などの通信分野に興味を持ち、情報学部に進学。
しかし、学生時代にした販売業務のアルバイトで、接客業に面白さを見出だす。
そして、専攻や今まで紹介した生い立ちとは全く別分野ではあるが、バイト先の会社にそのまま就職。人生、何がきっかけになるか分からないから面白いと思っている。

いままで積み上げてきたもの。

学生時代にアルバイトしていたのは、県内で有数の食品卸会社の酒類販売部門です。
お店でいろいろなお酒を売る、と言う、学生のバイトとしては珍しくもない仕事でした。実際、私もそんなに志を高くバイトをしようと思ったわけでもありませんでした。
でも、そこで出会った上司が私の人生を変えたと言っても過言ではありません。お酒の販売って「お客様が選んだ商品をレジ打ちする」なんて単純な仕事ではなかったのです。

店長は、ビール、ワイン、日本酒など、多様な種類、多彩な商品のなかから、お客様が求めるものを「見極め」「提供する」。これが、お酒の販売なんだと。
はじめ、若い私にはピンときませんでした。しかし、仕事に慣れ、販売をしながら、どうしたら買ってもらえるのかを考えることを徐々に始めると理解できるようになってきたのです。
ニコニコ住宅エージェント 大澤

お客様が求めるものを「客観的に分析」

店舗にあるものだけでなく、世の中のありとあらゆるお酒についての知識を自分自身が身に付けるところから始まります。じゃあ、楽しく飲んで覚えよう♪なんて、うまくいきません。実は私、お酒が飲めないんです。
そこで、私がとった手法は、「とにかくいろんな人たちに聞きまくる!」でした。取引業者、蔵元、ワイナリーといったお酒のプロから、友人、知人、親類といったアマチュアまで。
これは功を奏しました。自分の意見を反映できない分、主観なしに、一つ一つのお酒を客観的に見ることができましたから。より多くの意見、情報はとても強い武器となります。例えば、「あっさりした」と「軽い」、「濃い」と「重厚な」など、お客様がお話しになる様々であいまいなキーワードから、「これ!」というお酒をチョイスできました。

そうして、気づけば私はそのバイト先の従業員になっていたのです。
ニコニコ住宅エージェント 大澤

お客様が求めるものを「理解し提供する」

ここで欠かせないのが、そのお酒にまつわるストーリーです。
ここで活きてくるのが、蔵元やワイナリーといった、つくり手からお聞きしたお話。つくり手が、このお酒をつくろうと思ったきっかけから、その行程、苦心したところやこだわりまで。ひとつのお酒をつくるために関わった人々の思いを理解し、お客様に伝える。

そして、つくり手の思いも含んで、このお酒はできている、この味を出しているんだと、
これらを理解して、お客様にしっかりと共感してもらうこと。
これが、「提供する」ことだと考えていました。
ニコニコ住宅エージェント 大澤

ニコニコ住宅で働こうと思った理由

4年前に、自宅を建てたことがきっかけです。(他社でなんですが。)

「これはどうか?」「あれがいい!」「こうしたら?」「ああしよう!」など、ワクワクして。とても楽しかったな。

でも、夢をみていたなって思いました。

ローン返済中のいま、現実をみています。
確かに、難なくローンを組めましたし、支払いも出来てて、家族で幸せに暮らしています。

でも、本音をいうと夫婦それぞれの趣味をもう少し楽しみたいなって。

そう、家を建てた後の「生活」は考えていたのですが、「暮らし」についての考えが甘かったんです。
せっかく、新しい家に住んでいるのに、楽しみを少し我慢している自分たちに気づきました。
例えていうなら「トレーニングスペースをつくったのに、そこにトレーニングギア・アイテムを買う余裕がなかった。鉄アレイしか置いていない」という。

こんなんじゃ、元も子もないですよね。

そんなときに、目にしたのがニコニコ住宅の

理念「趣味もやりたいことももあきらめない」

びっくりしましたよ。自分の後悔している点をまっすぐに言い切る会社があるなんて。
「自分が後悔したことを、他の人にも後悔して欲しくない」という強い思いと、今まで自分が磨いてきた見極め、提供する力、そして、企画運営した経験をニコニコ住宅で活かしてみたいという思いを胸に入社しました。
ニコニコ住宅エージェント 大澤

実際に働いてみて。そして、これから。

ニコニコ住宅のエージェントが全員でお客様に対する姿勢に感動し、そして共感しています。

「家づくりはお客様と一緒に考え悩むもの」

どちらかが上でも下でもなく。
お客様の本当に叶えたいことを、プロとして考えること。
お客様の置かれた状況を、プロとして理解すること
押し付けないこと。一緒に実現に向けて悩むこと。
それが、家づくりをするということ。

改めてら言葉にしていただき、身が引き締まりました。
そして、先輩とお客様とのお打ち合わせ中に聞こえてくる笑い声と楽しそうな雰囲気。

お客様がお帰りの際に
「相談してよかったです!」
「(悩みや不安が解決して)安心したよ!」
さらには「ありがとう!」って。

ニコニコして帰られるお姿を見送れる幸せ、やりがいに憧れています。

ニコニコエージェントの雰囲気

ニコニコ住宅は、エージェントだけではなく、事務も、工事のみんなも、そして、職人さんに至るまで、「いい家をつくろうぜ!」という気合を感じる会社です。140以上の多彩なプランにさらにプラスして、全社をあげてアイデアを出し合う。向上心の強い社風であることを感じました。
ニコニコ住宅エージェント 大澤

わたしはこれから。

「趣味をあきらめない、家を楽しめる暮らし」

この思いに共感していただき、ニコニコ住宅をお選びいただいたお客様に全力で応えていきます!

そして、今まで経験してきた「理解して、提供する」この気持ちを大切に。
理解することは、家のことのすべて。生活のことのすべて。
そしてお客様のこと全て。
提供するのは、新築住宅での暮らしの全てです。

そうそう、私も一家の主ですから、私の「今」もお伝えして理解していただきたいです。
実は、家では家事のシェアを行っていまして、お料理を含めてたくさんの家事をこなしております。ちょっと、妻より得意かもしれません。家電製品にもこだわりがあります。家の中の家電。密接に関わっているものですから、とことん調べます。

大好きな妻、そして家族のために料理や洗濯の手伝いをしていて思ったことを詰め込んだお家を皆さまにも。

なんて、思っています。
ニコニコ住宅エージェント 大澤