スタッフブログ|土地情報の見方、こんなところを見ればいい

土地情報の見方、こんなところを見ればいい

皆さん、こんにちは!

新潟市の土地紹介でおなじみの佐藤です 

 

もうすぐクリスマスですね。

コーヒー好きな私がよく行くスタバも
すっかりクリスマスバージョンのメニューになっていました。

クマちゃん可愛いですね(^^)

かわいそうですが、
この写真を撮った後、
遠慮なくパクっと一口で食べちゃいました♪

 

街中では、あちらこちらにツリーも飾られていました。
ここにも発見しましたよ。

どこか分かりますか?

答えは、新潟市中央区役所です。(NEXT21

キレイですね!

高さは6mもあり、LEDのイルミネーションは、
約2万球もついているそうです。

自宅のツリーもこれだけキラキラさせるのに憧れます。

 

クリスマスで華やかなこの時期ですが、
私事でも華やかな場所へ行ってまいりました。

身内で結婚式があり、参列してきました!

もちろん、
当日のソーシャルディスタンスや消毒・体温チェック、
参列するまでの2週間の体調管理もきちっと行い、
万全の態勢での式でした。

夕方からスタートの式だったので、
会場のライトアップがきれいで、
一足早いクリスマスイルミネーションを見てきました。

たまたま当日、
誕生日の出席者がいることが判明して会場の方が急遽、
デザートにメッセージを入れてくれたそうです。
素晴らしいサービス精神ですね。

食べ掛けですみません。。。
「Happy Birthday」と入っています。

 

やっぱり結婚式はいいですね。
参列した私まで幸せな気持ちになりました。

 

私の近況はここまでにしておきますね!

新潟の佐藤がご紹介している
『○○エリアは、こんなところ』シリーズは、お休みして、

土地資料だけでは分からない、

『土地情報の見方、こんなところを見ればいい』

をご紹介したいと思います。

土地情報は、ハウスメーカーや不動産屋から紹介されたり、

ご自身でネット検索などから探し入手しているのではないでしょうか。

毎日、新潟の土地探しをしている私から
ベストな土地を発見できるポイントとして、
土地の資料の見方がとても大切ですのでご紹介したいと思います。

 

まず、はじめに土地資料を見ていきましょう。

このような資料を見て確認している方が多いと思います。
ここに書いてあることは、当然見れば誰でも分かります。

しかし、実は書いていないこと、
表現しきれないことも沢山あるのです。

私は、お客様にご提案させていただく土地は、
トコトン調べてご案内しております。

土地のご提案の際にモットーとしているのは、
「実際に暮らしたイメージを持つ」です!
例えば、こんなところを確認・調査しております。

 

■距離・時間

土地情報には、主要な場所から
土地までの距離と時間が書いてあります。

 

徒歩の記載されている時間は、
大人の歩くペースを基準にされており、「1分=80m」です。
ちなみに、小学生くらいのお子さんですと、
「1分=60m」で計算してみてください。

 

<例>土地情報表記:小学校から800m 徒歩10分

↑これは大人の場合です。
子供でしたら、徒歩13分くらい掛かります。

実際に住むことを考えた場合、
本当に知りたいのは、
子供がどのくらいの時間で学校に着くのかだと思います。

 

ここで、注意するポイントがあります!

信号機で止まる時間が含まれていないことです。
しかも、信号機は、朝・昼・夜によって、
赤信号の長さが違うのを知っていましたか?

ということで、
私は、各時間帯で実際に歩いて、
“本当の徒歩時間を測って確認しております。

 

■日当たり・周囲状況

土地情報には方位は載っていても、
日当たりが良いかまでは想像するしかありません。

日当たりは、周囲の建物状況にも大きく左右されますし、
すぐ横のお宅だけでなく、周辺に高い建物があれば、
陽が入りにくくなる場合もあります。

また、時間帯によっても変わってきますので、
私は、最低でも朝・昼・夕に現地で確認することにしています。

 

さらに現地では、
隣のお宅の窓の位置も確認しています。

実際に住むイメージ持って調査しておりますので、
将来お家を建てた時に隣の家の窓と
目線が重なって困らないようにチェックしています。

建てた後に窓の位置は後で変えられませんからね。

生活スタイルを伺い、
間取りはある程度設計できますが、
そこにずっと住むことを考え、お家を建てるとなると、
間取りだけでなく、周囲状況も考えたプランニングが必要です。

 

これは土地を真上から見たときの図です。

ここでワンポイント!

この図では分からないのが土地の周囲状況です。
現地で実際に見てみると、
うしろが崖になっていたり、
道路より土地が上がっていたりして、
お家を建てる際に余計な費用が掛かる場合があることを
考えないといけない土地があったりします。

うしろが崖になっていたら、
ブロックやコンクリートで壁を造って、
うしろに落ちないようするなど、
余計な金額が掛かってくるかもしれません。

それに実際の土地面積より、
小さければ建てる面積が縮小されたり、
駐車場が確保できない!!

なんてことも………

この写真のように
キレイに整地されている場合は、
すぐにでもお家を建てられる
準備が出来ているケースが多いです。

あくまでも、実際に暮らしたイメージを持って
周囲状況を確認・調査することが大切だと思っています。

 

■近隣状況

土地を購入して住み始めてから
「もっとちゃんと確認しておけばよかった!」と、
不満が出ても後戻りはできませんよね。

例えば駅やバス停から
自宅まで街灯がなく暗い夜道で不安だとか、
目の前の道路の交通量が多く騒音に悩まされるとか、
休みの日になるとすぐそばの道路が混むとか。。。

言ったらキリがありませんが、
事前に確認できそうなことは徹底的に調べて、
後悔のないお家づくりになるようお手伝いしています。

その他にも、私なりにですが、
治安についても確認しております。

様々な時間帯に何度も現地へ足を運ぶことで、
各時間帯の街の雰囲気や歩行者状況を体感し、
違和感がないかなどを見ております。
時には、周辺のお宅へご挨拶を兼ねてお話を伺うこともあります。

土地はたとえいくらであったとしても
一生で何回も買うものではないですし、
いくらであってもやはり高い買い物です。

そんな大変な買い物だからこそ、
私たちはお客様に代わって、
プロの目線で調べ尽くしております。

 

まとめ

 

土地情報の資料と言っても、
載っていないことが沢山あるのが分かりましたでしょうか。

結局は実際に現地を見て、
状況をどこまで把握できているかで、
その土地の良し悪しの判断が変わってきます。

ご紹介した内容は、ほんの一部です!! 

土地の見方は様々ですので、
もっと色々な情報を知りたい、
ここの土地はどうなの?
など、疑問や質問がある方は
いつでも新潟の佐藤にお問合せ下さい♪

常日頃から新潟市内を
調査している私達だからこそ
お客様のご要望に沿った土地を
的確にご提案かと思います。


新潟の佐藤でした!

 

エージェントスタッフ佐藤