スタッフブログ

新築住宅に関わる登記って何があるの?

みなさんこんにちは!
そしてこんばんは!

本日のブログ担当は、
3年連続、渋谷のライブハウスで新年を迎えた
板内がお送りいたします!

 

実は私・・・

今年から『新潟南店』勤務になりました!!

これでまた一歩、
【都会の男】になれた気がします(笑)

聞きたいことがあった新潟市近辺のみなさん!

これからはお気軽にお呼びください♪

聞きたいことがあった長岡市近辺のみなさん!
お呼びいただければ必ず皆さまのもとに行きますので、
これからもお気軽にお呼びください♪

 

さて、
本日のブログでは新築住宅を購入する際に
必ず関わってくる手続きの一つ!

『不動産登記』

についてお話させていただきます♪

 

『不動産登記』とは??

※登記・・・重要な権利などを『登』録して『記』入する手続き
※不動産登記・・・土地や建物の所有者情報などを国に証明してもらう手続き

です。
さっそく漢字ばかりが続いているので
かみ砕いて説明してまいります!

 

例えばみなさんが新築住宅を建てていく上で、
土地がなければ建物って建てられないですよね?

そこで、例えば
みなさんが下の写真の土地を気に入ったとします。

 

もちろん気に入ったら

「この土地買いたい!!」

となりますよね。

ただこの上記の土地には下写真のように
【売土地】の看板が立っていません・・・

そうなると、、、

そもそもその土地をどうやったら買えるのか?
誰に連絡したらいいのか?

などなど、
何をどうして良いかわかりませんよね。

 

そんな困った時の為に
『不動産登記』があるのです☆

不動産登記とは
土地の細かな大事な情報が書かれているモノで、
登記された情報は全国の法務局に行き、
過去の登記内容が記入されている
【登記簿謄本】を見て知ることができます!

例えば、
現在の持ち主を知りたい時には、
その土地を”所有”している”権”利を持っている人。
つまり、【登記簿謄本】内の
所有権”と書いてある項目を見れば
持ち主の住所や名前を知ることができるんです!
現在の持ち主を国が証明してくれているなんて
これほど正確な情報ってありませんよね♪

・・・実は私たちハウスエージェントも

「この土地買いたい!!」

と思ったらまず【登記簿謄本】を確認しています(笑)

なので、買いたい土地を見つけたというそこのあなた!
まずは私たちハウスエージェントにご相談ください♪
あなたの代わりにその土地が購入できる土地かどうか
素早く確認してご報告させていただきます!!

 

さて、この不動産登記。
新築住宅を建てる時には
複数の不動産登記が
深く関わってきます!

そこで大半の方に必ず関わってくる
4種類の不動産登記について
実際の【登記簿謄本】を使いながら
それぞれの簡単な解説をさせていただきます!

①所有権移転”登記”

先ほど少しお話しした
【どこに住む誰がいつから
対象の物件を所有しているか】
を明記する手続きです!
売買だけでなくその土地を
相続で手に入れた場合や
ご両親から贈与を受けた場合など
所有者が変わった時には
手続きをします!

変わるたびに手続きをすることで
現在の土地の所有者が
一目でわかるシステムを
造り上げています☆

②建物表題”登記”

完成した新築住宅の
建物の大きさや構造、使い道を明記し
他の建物との違いを
国に証明してもらう手続きです!
建物の大きさだけでなく、
建物の完成日なども登録します!

また、新築住宅の大きさや構造、使い道を
国に証明してもらう事で
以下の恩恵を受けられます!

➊銀行さんが正式にお金を貸す手続きができるようになる!
➋建物完成後、最低3年間分の固定資産税が安くなる!

新築住宅が存在する限り、
【登記簿謄本】に記録が残り続けます。
念願の新築住宅が国に認められるなんて
誇らしく感じちゃうのは私だけでしょうか(笑)

 

③所有権保存”登記”

②の建物表題登記手続きで証明された新築住宅が
【誰がいつから所有し始めたのか】
を記入する手続きです!
この登記は一番最初に所有した人のみが
出来る特別な手続きです!
所有した日も記録されるので
一生の記念になること間違いなしです!!

④抵当権設定”登記”

この登記はお家を建てる為に
銀行からお金を借りた場合、
【どこの銀行からいくら借りたのか】
を明記する手続きです!

何千万円というお金を銀行さんは
みなさんにお貸しする為、
きちんと返済してくれないと
大きな銀行さんと言えど
倒産してしまう恐れがあるのです・・・

そこで国に証明をしてもらう事で
銀行さんも安心してみなさんに
お金をお貸しできる訳なのです♪

以上、4つの不動産登記に関して
簡単に説明させていただきましたが
いかがでしたでしょうか?

 

つまり不動産登記とは・・・

国がみなさんに安心安全なマイホームプロジェクトを
進めていただけるようなお手伝い☆

なのです!

そしてさらに、
②③の不動産登記が完了したら、
住宅取得者の経済的負担を緩和を目的として

国から現金支給されるチャンス
(すまい給付金制度)

を受けることができます♪

さらにさらに、、
④の不動産登記も併せてされた方には
住宅ローン返済による経済的負担を緩和する目的として

国に支払う税金が少なくなる制度
(住宅ローン減税制度)

も受けることもできます♪

 

【現金支給されるチャンス】
ってあるけど全員貰えるわけではないの?

その疑問には1つ前のブログでお答えしてあります☆
是非そちらも読んでみてくださいね!

住宅購入後に現金支給!?すまい給付金制度とは!

 

登記は用語も難しく、
とっつきにくいとは思いますが、
みなさんの知りたい事が、記されており、
みなさんの権利を守るための大事な書類なんです!

なので、面倒な漢字が多いですが、
登記のことは嫌いにならないでください!

でも、
見方が分かりづらいし面倒。。。

誰か代わりにやってよ。。。

と、思っている方は、
是非、ご相談ください♪

見方から何から全てを
分かり易くご説明し、安心して
家づくりが進められるよう
ご案内してまいります。

2020年もみなさんに安心安全なマイホームプロジェクトを
進めていただけるよう、頑張りますのでよろしくお願いいたします♪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【新潟県長岡市で展開!ニコニコ住宅!】
今、全国で話題の新築超ローコスト住宅専門店が
ついに、新潟・長岡に上陸!新築超ローコスト住宅専門店 ニコニコ住宅
建売、中古住宅、中古物件と同じ価格で新築が買える時代になりました!
新潟・長岡エリアの方は、モデルハウス見学を随時予約受付中です!

見附市、三条市、燕市、柏崎市・新潟市など新潟県全域に拡大中!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【イベント情報】
『新築を探しているけど、お金が…。』
という方は、見るだけ!見学会へ是非一度ご参加下さい。
新潟・中越・長岡エリアで新築モデルハウスが見学可能です。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。
是非、ニコニコ住宅の新築モデルハウスを一度ご覧ください!