スタッフ紹介
佐藤 知佳

佐藤 知佳(さとう ちか)

勤務地:新潟支店
担当:ハウジングエージェント

おいたち

新潟県新潟市で生まれ育つ。
小学校5年生から高校1年生までバスケに青春を捧げる。
高校2年生で人数が集まらず廃部になり辞めてしまったが、やり切った!と胸を張って言えるのは、
6年間真剣に取り組んでいたから。

料理好きが高じ、高校卒業後は調理師の専門学校に通い免許を取得。
施設内の調理師として勤務した後、
有名なファミリーレストランに移り、
調理からマーケティングまで幅広く業務をこなし、お店を任せられるまでに。

ファミレスでの体験で「お店づくり」という分野に興味を持ったことから、
一念発起でダイエープロビスのグループ会社に入社。
その後、ニコニコ住宅のハウジングエージェントとなる。

 学生時代

エージェントスタッフ佐藤

「為せば成る」

何といっても、バスケットボールです!
小学校5年生からミニバスケをはじめ、とくに中学時代は某有名バスケ漫画が流行っていたこともあって、
もう無我夢中で取り組みました。

そして、国語の先生から教わった「為せば成る」という上杉鷹山のことばに感銘し、
ひたすらジャンプの練習を続けた結果、ダンクシュートができるようになりました!
この話しをすると、結構、驚かれますね、本当にできたの!?って。
やらないからできないのであって、やればなんでもできるんです。
いまでもそう信じています。
そういうところを先生はみてくれていたのかな、指名されてキャプテンになりました。
バスケはチームプレイ。キャプテンとしてチームを束ね、練習に励んだ日々でした。

グループ会社での住宅のお仕事

やり遂げる。

建築についての知識がないまま、
一念発起でダイエープロビスのグループ会社に入社しました。

ちょうど自分が勤務する某支店の建物を建築している最中で、
文字通りお家づくりをイチからみせていただき、
学ぶ機会を持たせていただきました。

いま思えば、なかなか贅沢な新人時代でした。
毎日見ていると、自分がこの建物の担当者みたいに思えて。
完成したときは「これは私がつくったんだ」って感動しました。

この感動をお客様にもお届けしたい!という思いを胸に、
営業担当として初めてお家づくりに携わりました。
わからないことも多く、くじけそうになることもありましたが、
はじめから完成までをお客様とともに歩んでいきたい、
この1棟をやり遂げたい、という思いで頑張りました。

おかげさまで、そのお客様とは近くに行く機会があると、
今でも顔を出させていただきます。
「お家、今年の冬も温かいよ」と、嬉しいおことばをいただいています。

住宅の仕事はやることがたくさんあって大変。
でもしっかりとやり遂げれば、どんな仕事より、やっぱり楽しいです。

ニコニコ住宅のエージェントとして

エージェントスタッフ佐藤

お客様色を出す

全てのお家にそれぞれのご家族の色を出していきたいです。
ニコニコ住宅にはプランをお選びいただく注文住宅と分譲住宅(建売)があります。

選べるプランが決まっているだから他の何も変えられない、
と決めつけるのではなく、その「条件」のなかで、
「何ができるか」を楽しんでいただけるよう、
「予算のなかであればもっと自分色を出してもいいんじゃないですか?」
とご提案させていただいています。

例えば、棚。金物をアイアンタイプにする?見えないようにする?
クロスを変えるならば、全体で?一部をアクセントに?
家具は、このメーカーさんのなら素敵ですよ。

ちょっとしたこだわりが自分らしさを出し、
暮らし始めてからの「良かった」につながるから。

※100以上のプランの中から初期プランを選ぶので、
それだけでたくさん悩みますが…。

ニコニコ住宅では、たくさんの建てていただいたお家の記録写真ももっています。
同じプランでも同じサイズのリビングでもいろいろなテイストを
実例を見ながらお選びいただけます。
お打ち合わせの際にご覧いただけますので、
自分色の出し方の参考にしていただき、
ローコストだからと考えて諦めず、
ニコニコ住宅のお家をもっと楽しんでいただけたらと思います!

ハウジングエージェントの喜び

エージェントスタッフ佐藤

お家づくりはチームプレイ

やっぱり「佐藤さんに任せて良かったよ!」って、笑顔をいただいた時はとても嬉しいです。

お打ち合わせ中、「イメージはあるけど、どうしたらいいかわからない」とお客様が悩まれ、
「任せるから、佐藤さんがプロデュースしてよ!」とご依頼をいただいたんです。
任せていただけるのは、信頼をいただいている証拠。
これだけでも嬉しかったですが、喜んでばかりいられません。
初めてお会いした時からお話しをさせていただいたことや、
私が雰囲気などで感じ取ったお客様のお好みから、
お客様のご要望にあったご提案を模索しました。

たくさん悩み、とあるアイデアを考え出しました。
同時に、このアイデアは実際につくれるのか?
あれ、予算はどのくらい変わる?という疑問も。

これを一緒に解決し、支えてくれたのは、工務と設計の各担当者でした。

「この素材、この大きさならつくれる」
「そうすると金額が上がるから、こっちにしてみてはどうか」
急遽開いたミーティングで、お客様にとって1番のご提案はどれか、を話し合いました。

そう。そもそも、予算が大きく膨れ上がってはニコニコ住宅の考える
「ライフスタイルを豊かに」が実現できないのです。
これは、エージェントだけではなく、
他のスタッフも一丸となって考えてくれる!

結果として、みんなでつくった提案をお客さまから採用していただきました。
完成したときにいただいたお言葉が
「佐藤さんに任せて良かったよ!」です。
本当にうれしく、感激しました。
早く設計と工務のみんなに伝えたいって。

だって、私だけではできませんでしたから。
お家づくりは、お客様を中心にした、
工務担当者、設計担当者、エージェント。

そう、チームプレイです。
まるでバスケですね。

私は、ときにチームを束ねるキャプテンとして、
お客様のためのお家づくりをチーム一丸で取り組み続けます。

これからの目標

エージェントスタッフ佐藤

無理なく建てるお家をプロデュース。

ニコニコ住宅は「無理なく建てるお家」を目指しています。

これは、私にとって、「それぞれのご家族に合ったお家」ということです。
完成した後に続く暮らしを考えて。

ときには、「そこは無理しなくてもいいんじゃないですか?」って、
お話しさせていただくこともあります。
ハッキリとした言い方で、ちょっと生意気かもしれませんが。

でも、お出かけも外食もできずに、家だけで過ごす人生ってどう思いますか?
もちろん、「私はインドア派だから」という方もいらっしゃいます。
でも、人生って同じまま続くわけではないですよね。
結婚してお子さまが生まれる、
お子さまはピアノや野球など習い事をしたいというかも。
旅行やキャンプもしたいし、
趣味が増えたり変わったり。

こんな風に人生は変化するとき、余裕がないとつまらないですよね。
私は、お家を建てること、そして、その後に続く人生をトータルでプロデュースさせていただく
「お家づくり」
をさせていただいています。

いままでも、これからも。
あなたのご家族の、人生に寄り添ったお家づくりのキャプテンになります。
ついてきてください!