スタッフブログ|部屋の調湿って大事なんです!

部屋の調湿って大事なんです!

こんにちは!ニコニコ住宅の釣りが大好き大澤です!

年末年始はお餅の食べすぎで
出てきたぽっこりお腹を退治すべく
雪かきを一生懸命やっていました。
子供たちも「「かまくらつくろーよ!」」
と大はしゃぎでしたが、
雪が足りなくあえなく断念。
また積もったら作る約束をして過ごした年始でした。

ところで、冬になると乾燥が気になりませんか?
私は冬になると手と顔が乾燥してヒリヒリするので、
馬油の保湿クリームを塗ってヒリヒリ対策をしています。

皆さんは乾燥の対策、行っているでしょうか?
冬の乾燥についてご存じの方も多いと思うのですが
1年の中で一番気温と湿度が低くなり、
元々もっている身体の水分が空気に奪われてしまうので
肌の水分量が減ることで、カサカサに乾燥してしまいます。

逆に夏だと空気中の水分量が多くなるため、
ジメッと肌にまとわりつくような暑さや不快感を感じます。

そういった季節特有のお困りごとは、
実は湿度の事をしっかり考えていくと
解決出来ちゃったりします。

そこで、今回のブログは
部屋の調湿(湿度の調整)がとっても大事なことなんです!
というテーマで、皆さまにお伝えします!

部屋の調湿をするとどうなる?

部屋の調湿をしっかり行えば
一年中快適に過ごすことができます!

そもそもなんで部屋の調湿をしないといけないの?
と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

昔の家の調湿

昔の住宅は空気の通り道があり、
湿度を自然とコントロールできるような作りになっていました。

※イメージです
なので湿度を気にしなくても大丈夫でしたが、
隙間風が吹いて冬寒い、なんてことになりがちでした。

現代の住宅

今の住宅ですと、
昔の住宅と比べ気密性が格段にアップしています。
そのため、室内の空気の入れ替えをするための道として
24時間換気が設けられていますが、
昔の家ほど空気が行き来することはありません。

隙間風が無いので寒くないというメリットはありますが、
空気の流れが昔の住宅に比べて極めて少なくなっているので
自然による湿度のコントロールができなくなっています。

なので、自分たちで湿度をちゃんとコントロールしていかないと、
夏はジメっとした空気がたまりカビの発生原因となったり
冬は乾燥して肌荒れや風邪など病気の原因となったりします。

部屋の湿度の目安はどれぐらい?

快適に過ごせる部屋の湿度の割合は
湿度40%~60%
と言われています。

乾燥(湿度40%以下)

湿度が40%を下回ると
空気中のウィルスが舞いやすくなります。
そして、鼻や喉の粘膜も乾燥してしまうことで
風邪をひきやすくなったりします。

高湿度(湿度60%以上)

湿度が60%を上回ると
カビが発生しやすくなり、
ダニも繁殖してしまいます。

それらを防ぐため、
湿度は40%~60%に保つことが一つの目安です。

部屋の調湿で得られるメリット

部屋の調湿をしっかり行うと
夏でも冬でも快適に過ごすことができます。

① 健康に暮らせる

梅雨時期や夏はカビが発生しやすい時期です。
調湿をしっかりとおこなうことで、
カビの発生を防ぐことができるので
健康被害を防ぐことができます。

逆に空気中の水分が少ない
冬場は乾燥を防ぐことができるので
風邪などをひきにくくなります。

つまり、調湿をすることで、
健康に過ごすことができるのです。

② 快適に過ごせる

夏・冬ともに部屋で快適に保つためには
実は調湿がとても大切です。

例えば、
冬はエアコンの暖房を22度に設定していても
湿度が低いときよりも湿度が高いほうが
暖かく感じますし、

夏にジメっとしていると
気温の割に暑く感じてしまいます。

どうやって調湿する?

では、どのように調湿をしていくか。
まず最初にしていただきたい事として

部屋の湿度が今どれぐらいなんだろう?
を確認することです。

湿度は目に見えないので、
湿度計を部屋に置いて目に見えるようにします。

湿度を数値で見える化しておけば、
快適な湿度になっているかどうかが
わかりますのでぜひ参考にしてください。

① 梅雨時期~夏場の調湿

夏場に一番手軽にできる調湿は
窓を開けて部屋の湿気を外に逃がしてあげる事です。

暑い夏の帰宅後に
部屋がもわっとした空気になっていたら
窓を開けて空気を入れ替えた後に
エアコンをつけてあげると、より涼しく感じます。

梅雨時期など雨が降っていて
・窓が開けられない
・外の方がじめじめしている
そんな時はエアコンの除湿機能を使って
部屋の湿度を下げてあげます。

湿度計を見て、湿度が下がってきたら
冷房に切り替えてあげると
ジメジメ感もなくなり、より快適になります!

② 冬場の調湿

次に冬場ですが、
手軽にできる調湿方法は
部屋に洗濯物を置く。です!

普段はサンルームに置いたりしている洗濯物を
部屋で乾かすことで、
蒸発した水分が部屋にいきわたり
湿度を上げてくれます。

部屋に洗濯物を置きたくない!
という方は、加湿器がオススメです。

蒸気で部屋中に水分を送ってくれるので、
効率よく部屋の湿度を上げることができます。

ニコニコ住宅のモデルハウスでも
加湿器を使っています。

注意点

除湿しすぎると肌がカサカサになったり、
加湿しすぎるとカビが発生する原因になってしまいます。

ちゃんと湿度計を置いて、
今部屋の湿度を見ることがとても大事になってきます。

調湿って大事なんです!

まとめ

湿度は目に見えないので
蔑ろにされがちですが、
しっかり調湿をしてあげることで、
1年中快適に。
そして、健康的に過ごすことができます。

今は冬ですので、
乾燥に悩まされている方
風邪をひきやすい方
部屋がちょっと寒いなと思う方は
ぜひ調湿をしてみてください。
今までよりもきっと、
快適に過ごすことができます!

調湿で気になった方は
ぜひご相談ください!

大澤