スタッフブログ

「新築時の家具選びで気を付けてほしい事 ~ベッド編~」

皆さんこんにちは。
ニコニコ住宅新潟 コーディネーターの徳永です。

今回は「新築時の家具選びで気を付けてほしい事~ベッド編~」
という事で、ベッドの選び方についてお話したいと思います。

ベッドは長く使う家具なので、
購入して後悔はしたくないですよね。
だからこそベッド選びはとても重要になります。

デザインはもちろんですが、
サイズ感でもお部屋の印象をかなり左右してしまいますので
最初にベッド選びの流れをお話しますね。

 

ベッド選びの流れ

ベッドを選ぶ際は、最初にサイズを決めて、
その後にベッドフレームやデザイン・マットレスを
選ぶと失敗しにくいです。

よく聞くお話ですが、購入したけど
大きすぎて搬入が出来なかった!という事です。

組み立て型なら何とかなりますが、
完成品だとドアの幅より大きくて
お部屋に入らないとか、2階に運ぶ際に大きすぎて
階段から搬入できない場合があります。

部屋に設置できる大きさか?
イメージだけで決めるのではなく、
きちんと計測することが重要です。

実際に設置した時にベッドは
想像以上に大きく感じることがあります。

 

ベッドサイズ

〇シングルサイズ

97㎝×195㎝

一人用として最も一般的なサイズです。

 

〇セミダブルサイズ

120㎝×195㎝

シングルよりも約20㎝横幅が広くゆったりと眠れます。

 

〇ダブルサイズ

140㎝×195㎝

二人で眠れるサイズですが、寝返りがしにくい為、少し狭いと感じるかもしれません。

 

〇クイーンサイズ

160㎝×195㎝

夫婦二人でゆったり眠れるサイズです。寝返りも気になりません。

 

〇キングサイズ

180㎝×195㎝

子供と一緒に眠りたいファミリー向けです。

 

20㎝刻みで横幅が大きくなっていきます。
これだけ覚えていただくだけでも、寝具購入時に役立ちます。

 

 

ベッドのデザインの選び方

今回も新潟老舗家具店「ヤマシタ亀田店」のご協力をいただき撮影をさせていただきました

開放的に見せる

ローベッド・フロアベッド

ベッドの高さが低いローベッドや
フロアベッドは設置した際、
空間が開くため部屋に解放感が生まれます。

また、落ちてもケガをしにくいので
小さいお子様やペットがいるお家におすすめです。

 

ヘッドレスベッド

ヘッドボード付きのベッドは照明付きだったり、
小物を置けるので便利ですが
圧迫感が出てしまうのがデメリットです。

スッキリ見せたいのであれば、
ヘッドレスベッドがおすすめです。
ただし、枕が落ちないように
頭側を壁面に設置するようにしましょう。

ナイトテーブルを横に置くと高さも合いますし、
小物も置けて便利でオシャレです。

 

湿気・カビ対策

すのこベッド

 

通気性の良いベッドの代表格のすのこベッドは湿気対策にうってつけです。
脚付きタイプのすのこベッドなら、さらに通気性が良いです。

爽やかな木の香りはリラックス効果も得られます。
丈夫なすのこベッドはお手持ちの敷布団を敷いて
使用できますのでコスト面でも優秀ですね。

 

パイプベッド

https://flymee.jp/

 

パイプベッドは湿気も溜めず、カビも生えません。
耐久性も高いので長くお使いいただけますが、
耐圧分散が出来るマットレスを敷きましょう。
最近はオシャレなアイアンフレームのベッドも人気です。
男性的なお部屋にピッタリです。

 

省スペース

収納付きベッド

引き出しタイプ

 

跳ね上げタイプ

 

収納付きベッドはベッドの下に
収納スペースがあるベッドの事です。

お部屋を有効活用できるので、
収納スペースが少ないお部屋におすすめです。
収納の種類は、
・引き出しタイプ
跳ね上げタイプ
収納庫タイプ
がありますが、
収納したい物に合わせると良いと思います。

デメリットは収納スペースが大きくなればなるほど、
ベッド本体も大きくなってしまうので圧迫感が出てしまうのと、
収納機能が付いている分お値段が高くなります。

 

ロフトベッド

 

ベッドを上部に上げ、
ベッド下を自由に活用できるベッドです。
収納スペースが少ないお部屋や、
ベッドスペースが制限されるお部屋向きです。
かなり広く収納スペースを確保できるので、
子供部屋などにおすすめです。

ベッド下に勉強机なども置けますし、
秘密基地のような雰囲気でお子様にも人気です。

 

一台二役

レザーベッド

 

ヘッドボードがソファのように
くつろげるようになっているベッドです。

おやすみ前に読書をしたり、
映画鑑賞をしたい方におすすめです。

レザーベッドを置くだけで
お部屋の雰囲気はかなり変わりますし、
レザーベッドは合皮を使用しているものが
多いのでお手入れもしやすいです。

ぶつかってもケガをする心配がないので、
小さいお子様がいるご家族にも人気です。

 

ソファベッド

 

寝る時はベッドとして使用し、
それ以外の時間はソファとして使える一台二役のマルチベッド。
リビングのソファ兼来客用ベッドとして使われることが多いです。

ソファベッドの切り替え方法は、
伸縮タイプリクライニングタイプ
折りたたみタイプカウチタイプの4パターンがあるので、
お部屋のレイアウトに合わせると良いですね。

 

まとめ

◇ベッドを置くスペースの計測を必ずしましょう。

ドアやクローゼットに干渉しないか?

選んだサイズが搬入できるか?
などなどを確認をしましょう!!
(購入してもお家に入らない
なんて悲しすぎる・・・(;´・ω・) )

 

◇配置スペースやライフスタイルに
合わせてベッドの形を選びましょう。

ご夫婦とお子様のお部屋では選ぶベッドの形は変わります。

 

◇それぞれの形にはメリット・デメリットがあります。

自分が求める機能やデザインを考えて、
ピッタリなベッド選びをしてくださいね。

 

 

撮影でヤマシタ亀田店にお邪魔した時、
「秋のベッドフェア」を開催中でした。
2階フロアの2/3くらいのスペースを使って、
たくさんのベッドの展示をしてました。

有名メーカーのベッドや憧れの高級マットレスなど、
撮影をしながらちょっとよそ見。
そして、ちょっと触ってみたりして・・・
とても楽しい時間でした♡

「秋のベッドフェア」は9月末で終了になりますが、
10月9日(土)・10日(日)新潟市産業振興センター
で開催される「くらし博」では、山下の家具の素敵な家具がたくさん見れるので、

みなさんも是非、足を運んでみてください!!

詳細は山下の家具HPをご覧ください

https://www.yamashitakagu.co.jp/

 

 

徳永でした

ニコニコ住宅コーディネーター 徳永