ニコニコ住宅 新潟|長岡のローコスト住宅・注文住宅・新築戸建・中古住宅・ニコ住

イベント情報
モデルハウス見学会

企画開発室の仕事に同行してみた!!!【室長編】|2019年3月22日

皆さんこんにちは!

ハウジングエージェント渡邉です!!!



「〇〇してみた!!」企画
今回は当社「企画開発室の仕事【室長編】」です!


まず、当社、ダイエープロビスの企画開発室とは何ぞや、となりますよね、、、

企画開発室に関しては、
前回の私のブログで熱く語っているので、ご覧に頂ければと思います。
https://niconico-niigata.com/3421

では!企画開発室の室長は何をしているのか!?

密着してきました!

企画開発室の室長の金井さんです!

本日はダイエープロビスゼネコン事業部にて設計施工している、
アパートの撮影のお仕事をされていました!

なぜ、アパート撮影をするのかというと、
ダイエープロビスのアパート建設の素敵さや、
楽しい住まいづくりを皆さんに見ていただきたく、
写真を撮りお伝えすることが目的です。

そこで、
今回の写真撮影で皆さんに物件の魅力を伝えるために
気を付けていることを教えて頂きました。



① 住むイメージを実感してもらうために、家具を入れること。

こうやって比較するとやはり家具込みで写真を撮った方が、
生活のイメージがわきますね!

住んだ時のイメージを観てもらうお客様によりカッコよく。
より快適な生活ができることを想像してもらえるように
写真を撮っているそうです。

「家具の配置や小物を素敵に配置すること。
 窓の位置による光の加減や、外の天候や時間帯による写真の色味の変化
 お客様の住まわれる姿を想像して、
 お客様がこだわったであろう場所をしっかりと格好良く見えるように
 写真のアングルや、チラシ作成の時の「映え」を気にして
 撮影するのがツボです。」 金井追記。

② 家具運びを超丁寧に行うこと

なぜかというと、当然ですがこれからお客様が住まわれるので、
傷が付いたらよくないですからね

なので撮影用家具は分解可能です。

家具選びはお部屋が素敵に見えるものを選定。
沢山の物件を撮影するため、
説明書をみて分解して搬入しやすいものを選んだそうです、、、

物件を傷つけないような工夫が家具の選定から結構慎重ですね。


撮影の道具は3つです!!!

①広角レンズカメラ


写真を撮るとこんな感じです✨✨

めちゃめちゃきれいです!!!
家具もあるとやはり毎日の暮らしのイメージがでていいですね!
(実際に物件紹介するときには、右の黒い配線は加工で消すそうです)




②360度カメラ

このカメラは360度で写真が撮れるすごいカメラです!!

では実際どんな感じなのかって言うと、、、

さてハウスエージェント渡邉はどこでしょう???





③ドローン

こちらがドローンです!!
キレイに収納されています!


取り出すとこんなにもコンパクト(;゚Д゚)

コントローラーです

セッティング中です😁

いざテイクオフ!!!

ゴゴゴゴゴゴゴという轟音と共に
空高く飛び立っていきました(゚Д゚;)

今日が晴れてよかったとおっしゃっていました。

何故かというと、
ドローンの操縦は天気に左右されることが多く、
雨が降ったら飛ばせない風が強くても飛ばせない等々
天候によってドローンの操縦は大変です!
ちなみに撮影日はグッドコンディションでした(*´▽`*)

(天候が悪いと外観は再撮影のため、もう一度天気のいい日に訪問して撮影することが多々あるとのこと…)



ちなみにどんな写真が撮れたのかというと、、、、、




おっと間違えた、、、



じゃじゃーん✨✨

凄い!!ドローン空撮っていうやつですね(`・ω・´)ゞ

さすが室長の金井さん!
ガンガンおしゃれアングルで撮影していました!

正面からパシャリ📷✨


真上からパシャリ📷✨✨


ドローン撮影での気を付けることとしては、、

①バッテリーの減りが速いこと!
ドローンのバッテリーは15分から20分くらいしか持たないので、
失敗すると撮り直しが聞かないので大変です!

②障害物に注意すること!
ドローンは自立性に優れていて安定した飛行をすることが出来ます。
しかし障害物と接触してしまうと簡単にバランスを崩してしまったり、
最悪墜落の恐れもあります。

なので金井さんはドローンを飛ばす前に事前に地図を見て
障害物になりそうな物を確認し、撮影場所を決めておいて
最速かつ最善の注意を払って操縦、撮影されています。



せっかくなのでドローンで撮影して頂きました(笑)

ドローンの写真を撮られることはそうそうないと思うので、
良い思い出になりました📷




金井さんに同行して思ったことは、、、

すごく肉体作業で大変でした!
室長のイメージはシステム関連のお仕事で、
パソコンをカタカタしていることが多いイメージだったのですが、
写真撮影をする際、家具を物件の中に搬入して
写真を撮って撤収を繰り返す、引っ越し屋さん並みの肉体労働でした。
(しかも昨年は100棟以上住宅やアパートや店舗を
  撮影したそうです、、凄すぎる!!)

金井さんがいつも元気で仕事をしている理由はこの引っ越し作業で体を動かしているからなのかもしれませんね☺


以上、新人渡邉の「企画開発室に同行してみた!!!【室長編】」でした!

また、いろんな『〇〇してみた!』を、お送りします♪

お楽しみに!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【新潟県長岡市で展開!ニコニコ住宅!】
今、全国で話題の新築超ローコスト住宅専門店が
ついに、長岡に上陸!新築超ローコスト住宅専門店 ニコニコ住宅
建売、中古住宅、中古物件と同じ価格で新築が買える時代になりました!
長岡エリアの方は、モデルハウス見学を随時予約受付中です!

見附市、三条市、燕市、柏崎市・新潟市など新潟県全域に拡大中!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【イベント情報】
『新築を探しているけど、お金が…。』
という方は、見るだけ!見学会へ是非一度ご参加下さい。
中越・長岡エリアで新築モデルハウスが見学可能です。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。
是非、ニコニコ住宅の新築モデルハウスを一度ご覧ください!

ニコニコ住宅 新潟|長岡のローコスト住宅・注文住宅・新築戸建・中古住宅・ニコ住
予約特典あり!イベント予約