スタッフブログ|新モデルハウス、「徒歩0分の映画館」「我が家はキャンプ場」開発秘話 ~前編~

新モデルハウス、「徒歩0分の映画館」「我が家はキャンプ場」開発秘話 ~前編~

皆さんこんにちは!

入社して早1年と数か月、
昨年は毎日頭をフル回転する事で10数キロ痩せたのに、
今年になってなぜか体重が戻りつつある大澤です。

特に生活を変えたわけではないのになぜでしょうか。。。?

 さて今回は、
長岡市巻島に2棟同時で完成見学会を行っている、
インドアの家とアウトドアの家の開発秘話を
ニコニコデザイン担当の小畑さんに聞いてみました。

ニコニコ住宅新潟のこれまでの素敵プラン

 ニコニコ住宅もスタンダードプラン
デザイン特化型プランのQVE
都市型の暮らし特化型プランのN+など、
色々なコンセプトのプランが有りますが、
私が入社してから開発された新プランは、
実は今回のインドアの家・アウトドアの家が初めて!

家のプランってこんな感じで創られて行くんだなぁ~と、
近くで感じながら見させてもらっていましたが、
今回はその開発の中心人物の小畑さんに細かな点まで聞いてしまいました!

 《大澤》
対談ってすっごく緊張するんですけど、、、
改めまして宜しくお願いします!

小畑さんってこういう対談とかってよくやるんですか?

《小畑》
いや、実は入社以来初めて(笑)。
私も緊張気味。。。

《大澤》
小畑さんって設計士何年目なんですか? 

《小畑》
もう15年以上になるね。
(小畑の歴史はコチラからどうぞ)

設計士として色々なプラン作成に携わってきたけど、
今回のモデルハウスのコンセプト設計には
色々感慨深い思いがあるんだよね。。。

《大澤》
15年ってなると結構時代も変わっていそうな。。。?
15年前ってまだぎりぎりスマートフォンとか
世の中にあまり出ていなかったような。

《小畑》
あ、確かに(笑)
今では当然ある身近なものだけど、
そういえばスマホは15年前には無かったよね。

それくらい15年前と今の生活の環境って変わってきてるから、
当然建物への要望も少しずつ変わってきていて。

そんな中でも今回の新型コロナウイルスの発生は
家での生活を大きく変えたよね。。。

家での生活を変えた新型コロナウイルス

《大澤》
本当にそうですよね。。。

私も釣りが大好きで休みの日は
毎週のように行ってたんですが、
コロナウイルス対策が身近になってから
どうしても足が遠のいて、

最近の休みは
家でアマゾンプライムで映画漬けの日々です。

休みの日に映画を見るのは嫌ではないのですが、
自宅で映画見てても実際は私は平日休みで、
子供が学校に行って妻が会社に行った後に見てるんですが、
画面の脇に生活感がある物が見えるから気分的に乗り切らず、
やっぱり映画館に行きたくなる(笑)

《小畑》
やっぱりそうなるよね。。。

だから、今回のモデルハウスのような
しっかりと家での生活でも気分転換できる、
そんなコンセプトの家が必要だと思ったんだよね。

社内コンペをきっかけに

《大澤》
今回の巻島のモデルハウス2棟って
去年の社内のデザインコンペがきっかけでしたよね?

小畑さんと同じチームでやらせていただき、
お世話になりました!

あの時は設計のコンセプト建てって
こんな感じでやってくんだ。。。ってすごく勉強になりました。

改めてプラン作りとか間取りに
毎日のライフスタイルをつくるための
機能を持たせる事ってすんごく大変なんだなと。

 《小畑》
あの時はいろんなコンセプトのプランが
社内からいっぱい出て来たよね~!

住宅の間取りってさ、王道的な基本な形はあるものの、
やっぱり時代に合わせたプランに移り変わっていくもので、
今回のコロナ騒動は家での生活を大きく変えるような
すごいきっかけになっていて、だから社内コンペでも
すごく今の時代に合わせた想いが詰まったプランが出て来たよね。

 《大澤》
確かにそうですよね。。。

それでは早速ですが、、、、
今回の巻島2棟のモデルハウスのコンセプトって
インドア派の家の「徒歩0分の映画館」と、
アウトドア派の家の「我が家はキャンプ場」ですが、
この2つのプランの開発経緯、教えてもらって良いですか?

 《小畑》
だいぶ本題に入るまで長くなってしまったけど(笑)

ちなみに大澤さんは
インドアかアウトドアで言ったらどっち派?

 《大澤》
コロナがはやる前は断然アウトドア派でしたが、
今は映画漬けのインドア派です♡

 《小畑》
そうでしたね(笑)!
ではインドアコンセプトの家、
「徒歩0分の映画館」についてから説明していきますね。

《大澤》
宜しくお願いします!
自分で言うのも何なんですが、
「徒歩0分の映画館」ってフレーズ、かっこいいですよね♡

 《小畑》
このフレーズはみんなで
結構考えて考えて出たフレーズだもんね。。。

でもさ、
実際にこのフレーズ通りのコンセプトで、
家に居ながら映画館的に楽しめるプランになってます。

「家族全員がそれぞれちゃんと楽しい!!」

まず一番大事にしたコンセプトが、
「家族全員が家に居て過ごしていても、
全員がそれぞれちゃんと楽しい!」
なんです。

というのも、
2020年の初めから新型コロナが流行りだして、
今まで想定もしていなかった自宅待機での生活。

今までのインドアな生活は、
「家の中が楽しいから家に居る」でしたが、
コロナ禍では「家に居なければならない」だったので、
どうしても発想がネガティブになるし、
外出したくても出来ない状態だと
どうしてもストレスが家族内でも溜まると思ったんだよね。

だから、
「家族全員が家に居て過ごしていても、
全員がそれぞれちゃんと楽しい!」を、
一番大事なポイントに持ってきました。

じゃあ、
具体的に間取りにどのような何をしたかっていうと、
家族全員の個々の時間を大切に出来る空間づくりに
気を付けてプランの作成に入りました。

家での個々の時間をつくる

視覚的にセパレートされるLDK

リビング空間とダイニング空間を隔ててはいないけど、
それぞれが独立した空間を作る事が出来るので、
例えば中学生の女の子がアイドルDVD
リビングの大画面で見ている時に、
ママはダイニング脇のワークスペースで
大好きな紅茶を入れて家族に内緒の
美味しいスイーツ食べながら本を読んで。

ワークスペースからリビングのテレビ画面は
上手に見えない設定になっているので
ママもアイドルのDVDが気にならないし、
女の子もママのスイーツが気にならない。

土間収納のそれぞれの使い方

 玄関の土間収納も
ニコニコの標準サイズの倍の広さに設定して、
そして、あえて玄関用の土間と収納スペースの土間と
分けない空間づくりをする事で広い空間利用が出来るので、
ちょっとした作業ができる空間もお金をかけずに用意しました。

この土間スペースでは、
高校生の息子さんが部活のシューズの手入れとか、
小学生のお子様が外に出れないストレスの発散で
自由に工作したりとかできるんです。

書斎で仕事?のパパは…

 で、パパはと言うと、
2階に書斎を作ったので1階で家族みんなが
それぞれで楽しんでいる時でも
しっかりとZOOMで社内会議に参加できる(笑)。

そして家族みんなが寝静まった後や、
平日の日中に大澤さんみたいに
家族が学校や仕事に行っている間に
1人でリビングの大画面で映画を見る事が出来る。

 このリビングのテレビ画面側の壁には
生活空間が映りこまないように配置を調整しているんです。

せっかく大画面のテレビでも、
子供のおもちゃとかキッチンとかダイニングが目に入ると、
どうしても自宅感が出てしまうので、今回のコンセプトである、
「徒歩0分の映画館」になるよう、映えるリビング空間にしています。

 《大澤》
改めてこうやってプラン設計を聞くと、
私も参加して色々経過は知っているものの、
すごく色々な事を作りこんでるんですね。。。

どんな状況でも家族みんな、笑顔で過ごしてほしい

《小畑》
それが仕事だし(笑)

だけど、今回はニコニコ住宅のみんなが
コロナ禍でいろんな思いをしている中で、
自分で体験した家での様々な過ごし方を
お客様に何となくのプランではなく、
想いを込めたプランに追加する事で
しっかりと笑顔に過ごしてもらいたいという
みんなの過程があった事が、
このプランが出来上がったとても大事な要素なんだ。

 《大澤》
確かにそうですよね。
この自宅での生活があったからこそ、
より具体的に提案したい事に繋がってますもんね。。。

 《小畑》
そうそう。

建物本体価格にしっかりこだわる意味

あと、これも大事な事で、
工事担当とも一緒に頭を使って
アイデアを出し合ったんだけど、
とっても住みやすいプランにはなったけど、
建物代が高くなってしまってはニコニコじゃないからね。

だから間取りも考えつつ、品質も安全も落とさぬように
価格を極力据え置けるようにした事も結構大変だったんだよ。。。

 

《大澤》
けっこう遅い時間まで何度も
「あーでもないこーでもない」って
工事担当と積算担当と言い合ってましたもんね。。。

 《小畑》
言い合ってない!話し合い!

 だって大事なことだし。
ニコニコの原点でしょ?
「家を建てても生活が
苦しくならない返済額である事」が絶対だから、
建物価格が上がらないよう様々な工夫をして
極力建物費用が上がらないようがんばりました!

 《大澤》
色々いつもありがとうございます!
ここから先は我々プランナーの仕事っすね。

お客様にしっかり分かり易くお伝えしてまいります!

 デザイナー小畑さんに色々聞かせてもらいましたが、
とっても長くなりましたので、もう一つのコンセプト、
「我が家はキャンプ場」の開発秘話については
対談の後編ブログでお伝えします!

開発秘話 ~後編~「徒歩0分の映画館」「我が家はキャンプ場」

モデルハウスにご来場ください。

以上、わたしたちのお客様への思いをたっぷり詰め込んだ
インドア派向けのモデルハウス。
下記ボタンより、ぜひご覧いただき、
ご見学くださいませ。

それでは、大澤でした!

モデルハウス 徒歩0分の映画館