スタッフブログ

お家の高さのルールについて

みなさんこんにちは!
そしてこんばんは!

本日のブログ担当は、
リモートによる配信ライブを
楽しみつつも少しだけ物足りなさを感じている
坂内(ばんない)がお送りいたします!

最近、仕事でも飲み会でも
画面を通じて話すことが
本当に多くなりましたね・・・

皆さまはいかがですか?
そして、そんな時に気になるのはやはり、、

自宅やデスクなどの背景!

少し散らかっていたり、
見せたくないなんてことありませんか??

私もそんな一人でして、
お客様とリモート打合せを
するにあたって困っていたのですが、
ベストタイミングで企画開発室の方々が
バーチャル背景を作ってくれました!
(企画開発室の事を詳しく知りたい方はこちらをクリック☆)

その中の1種類がこちらです!!

実際にこの背景を使って
お客様と打合せしたのですが、
ニコニコ住宅の雰囲気も伝わったのか、
凄く盛り上がっちゃいました♪

↓↓↓ダウンロードはこちらからできます↓↓↓
https://www.daiei-probis.com/2020/05/Wallpapers
ニコニコ住宅だけではなく、
お兄さんブランドのグリーンスタイルの
背景もご用意しておりますので、
お気に入りの背景がきっと見つかるはず!!
是非、ご活用くださいませ♪

ちなみに飲み会中はこんな背景を使ってます。

あぁ。。ライブに早く行きたい・・・(笑)

さて、雑談が長くなってしまいましたが、
本日のブログでは昨年お話しさせていただいた
「土地情報の見方 ~中級編~」
「土地情報の見方 ~上級編~」

でも少し触れました、

お家の高さのルールについて

お話ししていきます!
知っておいて損はない情報なので
最後まで楽しんでいってくださいね♪

~おさらい~

各市町村は街づくりを進めていきたい地域に
『用途地域』を指定して地域分けをしています。

『用途地域』は全部で13種類!

その中で住宅を建てる事を推奨している
地域は全体の半分以上のなんと8種類!!

その8種類それぞれに
様々な高さのルールが定められていて、
すべてをクリアした建物だけで作られた町・・・

そりゃ当然綺麗な街並みになりますよね♪

~高さのルールの種類~

さて、そんな高さのルールについてですが、
それぞれの細かいところまで説明すると、
1日では読み切れない文字量になっちゃうので、
坂内が厳選した特に知っておいて欲しい
4つのルールについて説明させていただきます!

①絶対高さのルール

地面から屋根までの高さに上限を設けるルール
※新潟県の上限は10m

このルールはこんな感じの住宅街でよく適用されます。

大通りから一本入った所に、一戸建てが建ち並んでいて、
ちょっとした公園や月極駐車場などがあったりする街並み。
誰しもが一度は見たことがあると思います!

こういった住宅街ではお隣さんとの距離も近いこともあり、
ちょっとでも高い建物が建ったら日当たり状況や、
風の通り、風景なんかも大きく変わってきます。
それが原因で、お隣さんとの関係が悪くなっちゃったら
折角のマイホーム生活なのに楽しくないですよね?

そんなあなたとお隣さんに楽しい暮らしを
過ごしていただくためにこのルールはあります。

このルールが適用される新潟県内のエリアでは
10mを超える建物は建てちゃ駄目なんです。

10mと言うと3階建ての木造住宅などが該当します。
なので豪雪地帯とかでよくみかける1階が車庫。
2階3階が住宅のような『高床式住宅』も
このルールが適用されるエリアでは
建てる事が出来ない場合がございます。

「ご実家が『高床式住宅』だから新居もそうしたい!」
そう思われている方は、事前に
このルールが適用されないエリアかどうかを
確認しながらの土地探しをお勧めいたします。

ちなみにニコニコ住宅のプランは全て、
高さを10m以内に抑えることは勿論ですが、
どの向きの土地に対しても日当たりが良くなる
過ごしやすいプランを取り揃えております♪

だからニコニコ住宅を
ご検討されている皆さまの中で、
日当たり重視のお考えの方には
是非このルールが適用される土地を
お選びいただきたいです!

②隣地斜線のルール

一定の高さ以上になったら制限を設けるルール

このルールは①のルールが適用されない
地域に適用されるルールです。
つまり、住宅系のエリアでは
①か②のいずれかのルールが適用されるのです。

①のルールが適用される住宅街なら
同じくらいの高さのお家ばかりで、
日当たりなども保証されてるからいいんですけど、
徒歩5分以内に大型スーパーやパン屋さん、
クリーニング屋さんや病院や駅などの施設が
揃ってるのも捨てがたいですよね~

ただ、想像してみてください・・・
便利な施設と言えどお家の隣に建ったらどうでしょう?
そしてそれが5階建てくらいの
背の高い建物だったらどうでしょう?

便利よりも迷惑の気持ちの方が強くなりますよね・・・
日も全く当たらなくなるかもしれませんし、
自然な風も入らなくなっちゃうかもしれませんし・・・

そんなあなたを守るためにこのルールはあります。
もし隣の敷地に大型施設が建ったとしても、
その建物は高くなるにつれて制限が厳しくなるのです。
なので大型施設が建ったとしても
最低限の日当たりは保証されます。

ただ、最低限の日当たりにはなっちゃうので、
「便利さよりも日当たりがよい方が何より大事」
そんな方には①のルールが適用される地域か、
周囲に大きな空地がない土地をおススメします!

土地が小さければ小さいほど、
建てられる面積も小さくなるので、
大きな建物が建つ確率はかなり低くなりますよ☆

③北側斜線のルール

建物をお家の北側に寄せすぎちゃいけないルール

北側の反対と言えばどこでしょう?
そう!日光が最も入るといわれる南側ですよね!
そして意識しないと気づかないのが、
南側敷地と接しているのはお隣さんの北側敷地なんです!

想像してください・・・
北側道路の土地に家を建てて南側に庭を持ってきたとしましょう。
しばらくたったら庭の目の前に家が建って
南側なのに日が全くあたらなくなってしまいました・・・
もう最悪ですね!!

そんなあなたを守るためにこのルールはあります。
このルールでは建物を北側境界に近づければ
近づけすぎるほど高さの制限が厳しくなるのです!

お互いに相手を思いやって建物を建てる事で
お互いに日当たりの良い快適暮らしを過ごせて、
同じルールを守って建てられた住宅街は
自然と綺麗な街並みになる・・・

これって全員がWin-Winな関係ですよね♪

④道路斜線のルール

道路のすぐ側に家を建てちゃいけないルール

道路斜線のルールは他の3つと違う点があります。
それは、お隣さんとのルールじゃなくて
道路向かいの方とのルールという点です!

お隣さんではないけれど、道路の向かい側に家が建ったら
どうしても建物の影って出来ちゃいますよね?
これ、皆さまの土地が南入りで道路が狭かったら
南側なのに日が入らなくなっちゃうからもう最悪です!!

そんなあなたを守るためにこのルールはあります。
このルールでは建物を道路に近づけすぎれば
近づけすぎるほど高さの制限が厳しくなるのです!

住宅と道路の間に駐車スペースを作っている
お家が多いのも実はこのルールを守るためでもあります。

なので、2階リビングのインナーガレージを
考えている方は建築予定土地の土地の大きさだけじゃなく、
『用途地域』の種類と道路の広さにも要注意ですよ♪

~まとめ~

いかがでしたでしょうか?
実はこの4つのルールには共通点があるんです。
それは・・・
「日当たりなどを確保するためのルール」
であるということです!

日当たりや通風状況は
生活する上で生涯ずっと重要ですよね♪

そして、30年後の周辺状況は
どうなるかわからないけど、
『用途地域』っていう基本ルールがあるから
ある程度、日当たりなどの周辺環境を予想できちゃうんです!!

これって凄くワクワクしますよね!

だって、お家づくりの成功の秘密として言われる
【30年先を見据えてのお家づくり】
が実は建物だけでなく土地探しにも
当てはまってるんですよ!!

私はこのことに気づいた時、
凄くワクワクしちゃいました(笑)

このブログを読んで同じワクワクを感じられた方は、
ぜひともお家づくりを手伝わさせてください!
一緒に楽しんで最高のマイホームプロジェクトを
進めていきましょう!

ワクワクはしなかったけどこのブログを読んで
「他の制限についても興味をもった!」
「地域ごとに4つのルールがどう変わるの?」
「この土地にはどんなルールが適用されるの?」

そう思っていただけた方も
いつでも坂内をお呼びください!

はりきって喜んでご説明させていただきます!

高さのルールを上手に利用した建物の提案や
暮らし方のアドバイスも喜んでさせていただきますので、
ハウジングエージェント坂内へのお問い合わせ、
お待ちしております♪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【新潟県長岡市で展開!ニコニコ住宅!】
今、全国で話題の新築超ローコスト住宅専門店が
ついに、新潟・長岡に上陸!新築超ローコスト住宅専門店 ニコニコ住宅
建売、中古住宅、中古物件と同じ価格で新築が買える時代になりました!
新潟・長岡エリアの方は、モデルハウス見学を随時予約受付中です!
現在、ビデオ会議形式でのご内覧やお打ち合わせも実施しております!
お気軽にお申し付けください!

見附市、三条市、燕市、柏崎市・新潟市など新潟県全域に拡大中!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【イベント情報】
『新築を探しているけど、お金が…。』
という方は、見るだけ!見学会へ是非一度ご参加下さい。
新潟・中越・長岡エリアで新築モデルハウスが見学可能です。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。
是非、ニコニコ住宅の新築モデルハウスを一度ご覧ください!